So-net無料ブログ作成

えっ、自動販売機でふるさと納税? [話題商品]

2月14日~16日に千葉・幕張メッセで開かれる「スーパーマーケット・トレードショー」で披露される「ふるさと納税」できる自販機が話題になっています。

furusatotaxjihanki.jpg

ITベンチャー企業「グローキーアップ」と自販機製造大手「サンデン・リテールシステム」(ともに東京)が共同開発したもの。

ターゲットは50~60代。税収アップに役立てたい自治体が駅や空港、宿泊施設などに設置。名前や住所などを打ち込む必要があるが、名前や住所を記録したICカードがあれば、読み取り部分に「ピッ」とあてるだけで済みます。納税額と返礼品がセットで並ぶ画面から希望するものを選びます。支払いはクレジットカードや電子マネー、現金などを想定しています。後日、宅配で返礼品が自宅に届く仕組み。すでに、青森県内や静岡県内の自治体が関心を示しているそうです。

なるほど、よく考えていますね、確かにネットで申し込むのがおっくうな方にはぴったり?な納税方法かもしれませんが、その年代が自動販売機で納税するのに理解を示せるかがカギですね。

でも納税の選択肢が増えるのはいいことですね。






スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 

ゴチになります ふるさと納税 大泉洋 [話題商品]

話題のナインティナインが出演のTV「ゴチになります」でふるさと納税が話題になっています。
ゲストの大泉洋さんが、北海道出身という事で、北海道庁の方が出演されて説明されていました。

keganipuripuri.jpg


年の瀬になると何かと話題になる「ふるさと納税」
この「ふるさと納税」とは、

任意の地方自治体に寄付することで、寄付した額のはぼ全額が税金控除される日本国の制度
出典 ふるさと納税ーWikipedia
「ほぼ全額」とは「寄付した金額-2,000円」を差します。

任意の地方自治体なので、出身の地方にこだわらず、それこそ日本全国どこでも(ふるさと納税を実施している自治体ならどこでも)寄付(納税)できるのです。TVではたまたま北海道でしたが、どこでもいいみたいです。


また、任意の地方自治体に寄付(ふるさと納税)することで寄付した地方自治体から返礼品がもらえます。納税して商品がもらえるとは何ともお得な制度ですね。

ただし、やたらめったら寄付すればいいのではなく、税金が免除される金額が年収によって決まっています。シュミレーションがありますので計算してみましょう。


年収に応じた寄付金控除の目安はこちらから↓
控除シミュレーション


ついでに、どんな返礼品があるか調べてみました。

ふるさと納税おすすめサイトはこちらから↓

ふるさと納税!さとふるが簡単!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

電子タバコ「glo」の累計出荷台数が100万台を突破 [話題商品]

電子タバコ「glo」の累計出荷台数が100万台を突破したと話題になっています。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、電子タバコ「glo(グロー)」の日本市場における累計出荷台数が、発売10カ月で100万台を突破したことを発表しました。

早いですね。つい先日全国発売されるようになったのですが、コンビニでも品切れ中ですものね。

まだまだ、需要に対して供給が追い付いていない状況のようですね。

楽天には、プレミアム価格で出品されています。




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)