So-net無料ブログ作成

ノジマ、“日本製ボード”採用の4K液晶テレビ [話題商品]

ノジマから今月から予約受付け、11月上旬に販売される4K対応液晶テレビの55V型「ECS-TU55R」と49V型「ECS-TU49R」が話題になっています。

いずれも、解像度3840×2160ドットに対応したモデルです。メイン基盤に「日本製ボード」を採用したことで「ノイズ軽減を向上させ、より肉眼で見たときに近い映像を再現」するといいます。さらに、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2系統ずつ装備し、別売りの外付けUSB HDDを使った録画に対応しています。裏番組録画も可能です。

主な仕様は共通で、コントラスト比が4000:1、スピーカーが10W×2、視野角が176度。「ECS-TU55R」の本体サイズは1253(幅)×791(高さ)×305(奥行)mm、重量は13.7kg。「ECS-TU49R」の本体サイズは1100(幅)×687(高さ)×260(奥行)mm、重量は10.05kg。

ドン・キホーテで話題になった、メイン基盤に「日本製ボード」を採用した4K液晶テレビ値段もグット下がってお買い得になってきました。気になる価格、55V型「ECS-TU55R」が69,800円、49V型「ECS-TU49R」が53,800円(いずれも税別)。予約特典として「4K対応のアクセサリー」をプレゼントとなっております。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ホンダ モンキー125 [話題商品]

ホンダのモンキー125が、10月に開催される東京モーターショーで展示されると話題になっています。つい最近、モンキー50の生産が終了したので、もう次の型がでるとはびっくりです。

でも排気量は50㏄ではなく、125㏄です、国内でなく世界戦略車?です。

昨年のバンコクモーターショーでコンセプトモデルが出品されて、今回の出品、さらに市販化が近いことが予測されます。楽しみですね。環境保全と最新技術が搭載されてどのように生まれ変わるか、詳細はモーターショーで明らかに、それまで待ちましょう。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

桐生祥秀選手モデルの陸上短距離用スパイクシューズ [話題商品]

アシックスから9足限定で予約販売される、桐生祥秀選手モデルの陸上短距離用スパイクシューズが話題になっています。

桐生選手が記録達成した大会で着用したタイプと同仕様となる、陸上短距離用スパイクシューズです。無限の可能性を表すホワイトに、「頂点を極める」という思いを込め、ゴールドをあしらったデザインを採用しました。

桐生選手のサインとシリアルナンバー入りで、シューズを入れて飾れるジュラルミンケースで提供します。サイズは25.5cm相当。同社では「桐生選手の足形、走法に基づいて作製しているため、練習やレースなどでは使用しないでほしい」とアナウンスしています。

気になる価格は99,800円(税別)。なお、桐生選手の意向に賛同し、アシックスジャパンが売上の一部を、東日本大震災の被災地へ寄付するとのことです。いいですね、記念モデルを買う事で被災地支援にもなる、素晴らしい取り組みです。



スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ