So-net無料ブログ作成

ドウシシャ、“東芝開発メインボード”搭載の22V型テレビを3月下旬発売 [新商品]

ドウシシャから3月下旬より発売される、「DOSHISHA」ブランドの22V型地上デジタルテレビ「DOL22S100」が話題になっています。

DOL22S100.jpg


主な特徴として、「東芝映像ソリューション開発のメインボード」を採用。いわゆる、話題になった「あれ」ですね。ジェネリックレグザとよばれて、生産が追い付かなくなるほど売れた、東芝メインボード搭載の液晶TVシリーズです。
ドンキホーテから始まって各社参入していますね。

ドウシシャは、製品のデザインや企画を担当し、製品評価や品質管理、生産時の工程管理は、福井県にあるR&Dセンター(2018年4月新拠点での稼働を予定)で実施するなど、「“日本匠設計”製品」としました。主な仕様は、解像度が1920×1080、音声出力が3W+3W。本体サイズは510(幅)×337(高さ)×165(奥行)mm、重量は3kg(いずれもスタンド含む)。

このほか同社では、19V型「DOL19S100」について、すでに発売中であることを明らかにしました。
新生活にはもってこいの大きさですよね。
気になる価格、いずれもオープンとなっております。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ドコモ、「ジョジョの奇妙な冒険」コラボの「JOJO L-02K」 [新商品]

NTTドコモからコラボモデルとして3月発売予定としていた「JOJO L-02K」(LG Electronics製)の発売日を決定。3月23日より1万台限定で発売すると発表し話題になっています。

JOJO L-02K.jpg


人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年を記念したコラボレーションモデル。原作者・荒木飛呂彦氏の監修のもと、さまざまな内蔵コンテンツを搭載した点が特徴です。

具体的には、画面をめくるたびに異なる壁紙が表示され、ピンチアウト操作でアイコンが消えてイラストだけを鑑賞できる、画集のようなホームアプリ「JOJOホーム」、通知音や操作音の代わりにジョジョならではの擬音を表示する「擬音モード」、ジョジョ30年の歴史を総括したテーマ10種などを搭載。マニアにはたまらない携帯ですね。

主な仕様は、ディスプレイが約6型クアッドHD有機EL(2880×1440ドット)、プロセッサーが「MSM8998」、メモリーが4GB、ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDメモリーカード(最大256GB)に対応。カメラ機能は、アウトカメラが約1650万画素+約1310万画素のデュアルカメラ、インカメラが約510万画素。OSは「Android 8.0」をプリインストール。

気になる価格、ドコモオンラインショップでの販売価格は125,712円となっております。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

マクロ、魚眼、望遠などの12個のレンズ「ShiftCam 2.0」 [新商品]

スマホに後付けできるレンズとして、マクロ、魚眼、望遠などの12個のレンズ「ShiftCam 2.0」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場し話題になっています。

ShiftCam 2.0.jpeg

カバーにレンズのプレートを取り付け、スライドさせて好きなレンズを使うというタイプです。


プロ仕様のレンズが用意され、独立型の種類は2倍望遠、120度ワイド、180度魚眼、10倍マクロ、20倍マクロとなっています。そこまでのものはいらなくても、ある程度は欲しいですよね。
取り付けが簡単なのもShiftCamの売りで、ケースの上部の溝にプレートをスライドさせるだけ。
また、ケースそのものには端末保護機能もあるので、落下の備えとしても有効です。ケースはiPhone 7、7Plus、8、8Plus、Xに対応しています。


このShiftCam 2.0は現在、Kickstarterで全12レンズをカバーするパッケージが2720香港ドル(約3万7000円)となっています。出資は3月29日まで受け付け、5月にも発送が始まる見込みです。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー