So-net無料ブログ作成

楽天モバイルが、メーカー認定整備済みのiPhoneを9/1より取扱開始 [話題商品]

楽天モバイルが、メーカー認定整備済みのiPhoneを9/1より取扱開始すると話題になっています。

rmobaileiphone.jpg


iPhone8が9月12日に発表されるので、iPhone6Sが安くなり、いよいよ格安スマホに登場かと思ったら違いました。メーカー認定整備済みのiPhoneつまり、中古という事ですね。ラインアップは、「iPhone SE 16GB(ゴールド)」「iPhone 6s 16GB(ゴールド)」「iPhone 6s Plus 64GB(シルバー)」「iPhone 6s Plus 128GB(シルバー)」の4モデル。オンラインのみで販売するとのことです。

このメーカー認定整備済みのiPhoneは、「メーカーの整備プロセスにのっとり再整備を受け、メーカーの品質基準を満たした製品」として、アップルによる1年間のハードウェア保証の対象になるとのことです。メーカー保証が受けられるなら安心して購入できそうですね。最新機種でなくても・・・という人にはもってこいのiPhoneかもしれません。

また、有償オプションとして、楽天モバイルが提供する「つながる端末保証 by 楽天モバイル」、または端末購入後30日以内であれば「Apple Online Store」や「Apple Store」にて、「AppleCare+」もしくは「AppleCare Protection Plan」に加入できるといいます。

さらに、9月1日受付開始の新プラン「スーパーホーダイ」の申し込みとセットで購入でき、「スーパーホーダイ」に適用する、複数年契約で端末価格が最大20,000円割引となる「長期優待ボーナス」の対象端末となります。

おお!これは、いいかも!と思いましたが、デメリットがあります。

楽天モバイルで取り扱う製品は海外で販売されているメーカー認定整備品のため、日本国内で販売されているiPhoneとは、インストールされているアプリや仕様が異なる場合があるとのこと。検品作業のため、箱を開封しており、メーカー認定整備済みiPhone専用箱に入れて送付します。

また、同梱するマニュアルは英語版で、一部のオプションに加入することができないという(「端末補償・あんしんリモートサポートパック」「端末補償」「データ復旧サービス・マカフィー マルチ アクセスパック」「マカフィー モバイル セキュリティ Android版」「アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン」)。

なるほど、これらのデメリットがクリアできるなら、購入してもいいかもしれませんね。
気になる価格、端末価格は、「iPhone SE 16GB(ゴールド)」が39,800円、「iPhone 6s 16GB(ゴールド)」が56,800円、「iPhone 6s Plus 64GB(シルバー)」が72,800円、「iPhone 6s Plus 128GB(シルバー)」が79,800円。ただし、長期優待ボーナス適用の場合、端末価格より、10,000円割引(2年契約)、20,000円割引(3年契約)となります。




スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

デロンギ「デディカ コーン式コーヒーグラインダー KG521J-M」 [新商品]

デロンギから9月15日より発売される、同社史上最高級となるコーヒーグラインダー(コーヒーミル)「デディカ コーン式コーヒーグラインダー KG521J-M」が話題になっています。

最新の「コーン式グラインダー」を採用したコーヒーグラインダーです。コーン式挽き刃により、従来品と比較して“挽きの均一性”をさらに高め、雑味の少ない安定した味わいを実現しています。低速回転で豆を挽くことで摩擦熱の発生を低減し香り高いコーヒー抽出を可能にしました。高性能リダクション(低速回転)モーターの採用により、豆を挽く時の摩擦熱を最小限に抑えるため、発揮性のコーヒーアロマを損なわずコーヒー本来の香りと風味を保てるといいます。

また、本体には業界最大サイズの2.1型ディスプレイを装備し、1~14杯分の豆挽きと1~3段階の豆量を選べる「定量設定」を搭載しています。これにより、その都度豆を量る手間も不要で、豆の挽き過ぎによる無駄も発生しません。さらに、120gの容量を持つ着脱式のコンテナにより、静電気による粉の飛散を防ぎます。まさに至れり尽くせりのコーヒーメーカーですね。

このほか、同社のコーヒーグラインダー(コーヒーミル)としては最大幅の“極細挽き~中挽き~粗挽き”のワイドレンジに対応です。粒度は18段階の中から好みで設定可能であり、ドリップコーヒーはもちろん、エスプレッソやフレンチプレス、水出しコーヒーなどさまざまな コーヒーメニューを楽しめます。本格的すぎて使いこなせるか不安ですね。

主な仕様は、消費電力が150W、本体サイズが155(幅)×385(高さ)×255(奥行)mm、ホッパー容量が約350g、コンテナ容量が約120g。ボディカラーはメタルシルバーです。

まさに最新式のお洒落なコーヒーメーカー、気になる価格は30,000円(税別)となっております。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マットやホースが不要なふとん乾燥機「スマート ドライ RF-AC20」 [新商品]

象印より9月1日より発売される、ふとん乾燥機の新モデルとして「スマート ドライ RF-AC20」が話題になっています。

マットやホースが不要で、さまざまな用途で使用できるふとん乾燥機です。新機能として、就寝前にふとんを温めたいというニーズに応え、体が触れるふとんの中心部を就寝前のわずかな時間で温める「お急ぎ」コースを搭載しました。

「しっかり」コースでは室温5度の冷え込んだ寝室でも30分でふとんのすみずみまで温めることが可能です。新機能の「お急ぎ」コースでは、就寝の際に体が触れるふとんの中心部(寝るスペース)を10分で温められます。

乾燥機能として、「標準」「低温」「送風仕上げ」「エコ」の4つのコースを用意。加えて、「ダニ対策」コース、衣服や運動靴の乾燥ができる「マニュアル運転」コースなどの多彩な機能を搭載しています。

これからの季節、活躍しそうですね。気になる価格、オープン価格となっております。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨