So-net無料ブログ作成
検索選択

Wi-fi機能搭載のスマート菜園「foop」 [話題商品]

スマホ1つで簡単に野菜を育てられる、国内初のIoT水耕栽培キット、Wi-fi機能搭載のスマート菜園「foop」が話題になっています。独自開発による特殊なケースです。栽培環境の変化を把握するスマートセンサーを搭載しています。光の強さやCO2の濃度、温度から湿度情報まで、常時モニタリングします。

室内でも、野菜の育成に必要な光質を与えることが可能です。他にも、水やりのタイミングを教えてくれる水位センサーや、透明アクリルカバーの開閉状態を知らせるドアセンサーも装備。スマホ1つで、すべての状況を管理できるようになっています。

すごいですね、スマホで解決できる野菜栽培があるなんて。
気になる価格、木目が美しい“スタンダード”(4万8500円)と伝統工芸とのコラボレーションモデル“Premium”(2017年夏より注文受け付け開始)、研究室向けの限定品“Lite”(3万8500円)がある。3月21日に発売された“Lite”は特に人気で、キャンペーン価格品100台は、すでに完売だそうです。


スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: